技術紹介


多様な製品の軽量化に役立つプラスチックは、そのすぐれた特性から近年ますます需要が拡がっています。今や携帯電話など小型精密機器には、高い精度・機能の加工とともに、デザインによる差異化も要求されています。これに対応するべく、アスティホリエのプラスチック塗装では、徹底管理のクリーンな設備内で行われるスピンドル塗装を主流とし、3段階の塗装を1ラインで行なえる効率の高い生産ラインを確立しました。
この結果、高い生産性と信頼される品質を維持し、より精度の高い仕上がりで、デザインの可能性も大きく拡げました。

  • 試作から量産(小ロット生産も含みます)まで多種多様なニーズにお応えします
  • 多層コーティング(下塗り→中塗り→上塗り)を1ラインで実現できます。
  • ラッカー塗装、ウレタン塗装に対応します。
  • スピンドルの回転によって、複雑な形状の製品であっても、ムラのない塗装ができます。
  • 固定ガンによる塗装によって、同一ロット、同一条件の塗装が可能となり、塗膜品質が安定します。
  • 塗装後も自動ラインで乾燥炉に運ばれ、一定温度で乾燥されるので、色調・光沢にバラツキが生じません。
  • 自動ラインによって、塗装時、人手に触れることなく除電・除塵ができるため、
    ちり・ゴミ等による不良が極めて少なく、ハイクオリティな製品に仕上がります。
  • 膜厚・光沢の安定が要求される、携帯電話・車載部品などの塗装に適しています。

  • 携帯電話・パソコン・デジタルカメラなど精密電子機器部品
  • カーオーディオなど車載部品
  • ※その他の製品もぜひご相談ください。